光ファイバーとは | プロバイダー比較

光ファイバーの特長や普及状況などについてご案内しています。

光ファイバーの特長

光ファイバー「FTTH(Fiber to the home)」はご存じのように、現在日本において最も高速で最も普及している常時接続サービス(定額でつなぎ放題のインターネット接続サービス)です。

光ファイバーの最大の特長は、その通信速度にあります。常時接続サービスには光ファイバーの他にもADSL接続サービスやCATV接続サービスなどがありますが、光ファイバーの通信速度は最大1Gbpsと、ADSLやCATVと比べてもより高速なものとなります。

また動画や画像の投稿などが増えてきた現在、光ファイバーの持つ上り速度が下り速度と同じというのは、大きな特長と言えます。上り速度(アップロード)が速いということは、画像などをアップロードしたときによりスムーズに行えるということになります。

最も利用者数の多い常時接続サービスが光ファイバー

高速回線であることや料金の低価格化が進んだことで、2008年以降光ファイバーは最も契約者数の多いブロードバンド接続サービスとなっています。2010年9月末時点で1,912万契約(光ファイバーの次に契約者数の多いADSLでも899万契約)と断トツの人気であることがわかります。

出典:2010年12月28日発表、総務省
ブロードバンドサービスの契約数等(2010年9月末時点)

光ファイバーのご利用まで

光ファイバーをご家庭に導入するのに、工事など不安な方もいらっしゃると思いますので、簡単に開通までの内容をご案内します。

ご家庭に光ファイバーを引かれる場合、プロバイダーや代理店などでお申し込みをされると思いますが、お申し込み後には必ず工事業者による下見があり、引き込みから開通確認までを行いますので、不安を感じることはありません。光ファイバーの引き込み工事は、一戸建てにお住まいの場合とマンションにお住まいの場合で異なりますので簡単にご案内します。

一戸建てにお住まいの場合

お申し込みいただくのは、ファミリータイプの光ファイバー接続サービスとなります。光ファイバーは、電柱にある分岐装置から屋外光キャビネットを通し、エアコンのダクト、換気口、電話などの既設の配線口を利用して宅内に引き込まれます。また既設の配線口からの引き込みが困難な場合、光ファイバー用に専用の引き込み穴を新設します。

光ファイバー用の引き込み穴を新設する場合も、別途ご相談があります。

マンションにお住まいの場合

お申し込みいただくのは、マンションタイプの光ファイバー接続サービスとなります。マンションへ光ファイバーケーブルを引き込む場合、共用スペースまで光ファイバーを引き込み、電話線などの既設の配線口を利用して宅内に引き込みます。集合住宅の形態などにより、各戸に直接光ファイバーを引き込む場合もあります。

光ファイバー人気ランキング

以下は、超高速、速度重視の方向けの光ファイバー(ファミリータイプ)のプロバイダー毎の1年間の実質支払額と月額換算価格です。RBBTODAY限定のキャンペーンも充実しています。

RBBTODAYから申し込んだ場合のお得なキャンペーンです

光ファイバーお勧めランキング

順位 ISP 東日本
年間支払額
東日本
月額換算
詳細 西日本
年間支払額
西日本
月額換算
詳細
1位 So-net
NURO 光
25,162円 2,097円
世界最速NURO光、30,000円キャッシュバック!
2位 eo
eo光ネット
20,004円 1,667円
標準工事費0円+月額料金最大1年間2,000円割引(スーパースタート割)+15,000円分の商品券プレゼント!
月額換算は、初年度の支払額から特典を差し引いた金額を1年間(12カ月)で割ったひと月辺りの実質月額料金となります。
掲載している料金は、消費税抜きの料金となります。端数の計算により、実際の金額と若干異なる場合があります。

他のプロバイダーも含めた光ファイバー価格/キャンペーンの比較表はこちらからご確認いただけます。