プロバイダー乗り換え |光ファイバー / ADSLプロバイダー比較

本ページでは、光ファイバー/ADSLのプロバイダー乗り換えの変更理由や決め手についてご案内しています。

光ファイバー人気ランキング

以下は、超高速、速度重視の方向けの光ファイバー(ファミリータイプ)のプロバイダー毎の1年間の実質支払額と月額換算価格です。RBBTODAY限定のキャンペーンも充実しています。

9月限定のRBBTODAY特典を適用した今月だけのお得なプロバイダー乗り換え料金です

光ファイバーお勧めランキング

順位 ISP 東日本
年間支払額
東日本
月額換算
詳細 西日本
年間支払額
西日本
月額換算
詳細
1位 GMOとくとくBB
フレッツ光
25,500円 2,125円 16,220円 1,352円
GMOとくとくBBとフレッツ光で、最大34,900円キャッシュバック特典総額最大79,920円
2位 hi-ho
フレッツ光
37,500円 3,125円 31,120円 2,593円
hi-hoとフレッツ光なら、最大30,000円キャッシュバック
3位 楽天ブロードバンド
フレッツ光
38,000円 3,167円 31,620円 2,635円
楽天ブロードバンドとフレッツ光なら、27,000円キャッシュバック
4位 plala(NTTぷらら)
フレッツ光
41,700円 3,475円 35,320円 2,943円
利用者満足度の高いプロバイダーplala、月額料金1カ月間無料+最大27,000円キャッシュバック
月額換算は、初年度の支払額から特典を差し引いた金額を1年間(12カ月)で割ったひと月辺りの実質月額料金となります。
掲載している料金は、消費税抜きの料金となります。端数の計算により、実際の金額と若干異なる場合があります。

他のプロバイダーも含めた光ファイバー価格/キャンペーンの比較表はこちらからご確認いただけます。

ADSL人気ランキング

以下は、ADSL(電話共有型:タイプ1)のプロバイダー毎の1年間の実質支払額と月額換算価格です。RBBTODAY限定のキャンペーンも充実しています。

9月限定のRBBTODAY特典を適用した今月だけのお得なプロバイダー乗り換え料金です

ADSLお勧めランキング

順位 ISP 東日本
年間支払額
東日本
月額換算
詳細 西日本
年間支払額
西日本
月額換算
詳細
1位 Nexyz.BB
50Mbps
0円 0円 0円 0円
RBBTODAY限定、50Mbpsで最大21,790円キャッシュバック
2位 楽天ブロードバンド
50Mbps
21,482円 1,790円 21,398円 1,783円
楽天スーパーポイント毎月100ポイント貯まる楽天グループのプロバイダー
月額換算は、初年度の支払額から特典を差し引いた金額を1年間(12カ月)で割ったひと月辺りの実質月額料金となります。
掲載している料金は、消費税抜きの料金となります。端数の計算により、実際の金額と若干異なる場合があります。

他のプロバイダーも含めたADSL価格/キャンペーンの比較表はこちらからご確認いただけます。

【フレッツ光ご利用中の方必見】お得にプロバイダーのみ乗り換え

以下は、フレッツ光回線を契約している方で、プロバイダーのみ乗り換えたい方(他社からの乗り換え)向けにお得な乗り換えキャンペーンを実施しているプロバイダーです。

9月限定のRBBTODAY特典を適用した今月だけのお得なプロバイダー乗り換え料金です

プロバイダーのみ乗り換え(フレッツ光ご利用中の方)のお勧めランキング

順位 ISP プロバイダー月額料金 キャンペーン期間 詳細
ファミリータイプ マンションタイプ
1位 GMOとくとくBB 760円 530円 2014年9月30日迄
料金が他社に比べ断トツに安いGMOとくとくBB、プロバイダーのみ乗り換えで月額料金6カ月間無料
2位 OCN 1,100円 東900円、西810円 2014年9月30日迄
会員数NO.1。人気のOCNならプロバイダーのみ乗り換えで、12,000円キャッシュバック
3位 楽天ブロードバンド 950円 900円 2014年9月3日迄
キャンペーンが充実、プロバイダーのみ乗り換えで月額料金12カ月間無料
プロバイダーを乗り換えても、現在ご利用されているフレッツ光の設備や月額料金は今まで通りで変更はありません。
掲載している料金は、消費税抜きの料金となります。端数の計算により、実際の金額と若干異なる場合があります。

プロバイダー変更理由

人によってプロバイダーを乗り換える理由はさまざまですが、インターネット白書2008に基づく変更理由は、回線速度の理由が一番となります。インターネットは、ダイヤルアップから始まり、ISDN、ADSL、光ファイバーと回線速度は飛躍的に高速化しています。それに伴い、利用方法や回線速度へのニーズも高まっていることが考えられます。

第2位は価格的な理由です。もちろん光ファイバーから光ファイバーと、安いプロバイダーに乗り換える場合もありますが、ADSLの通信速度でも十分満足できることがわかった方が利用料金を抑えたいという理由でADSLからADSL、光ファイバーからADSLに乗り換えていることが想定されます。

ISP(インターネット サービス プロバイダー)の乗り換え理由(2008年インターネット白書)

ISP(インターネット サービス プロバイダー)の乗り換え理由

プロバイダー選択の決め手

また、なにを基準にインターネットプロバイダーを決めるのかという決め手ですが、下のグラフはインターネット白書2009にある「インターネット接続回線の選択理由」です。インターネット回線を決める理由の1位は価格面、2位は速度面となります。

インターネット接続回線の選択理由(2009年インターネット白書)

インターネット接続回線の選択理由

インターネットに利用できる月額料金と利用したいサービスに適した通信速度を考慮し、最適な光ファイバー/ADSLのプロバイダーに乗り換えをしてください。